FC2ブログ

チェンライの山並み2

タイ王国の来たのはずれのど田舎に逼塞する、爺の日々日常を誤解と誇張と嘘を取り混ぜて吐き出す、掃き溜め日記です.掲示板の試験運行中 1)http://p.atbbs.jp/measai/index.php  メカちゃんの温泉卵焼き  2)http://mecajan.webdeki-bbs.com/ メカちゃんの温泉卵 

0513 雨    20090630   爺の日常

 雨が降る。雨量にならないことが多い、

 特に家のようなバケツ雨量計だと、1ミリなんて量だととてもわかりにくい

 今年の雨、雨量にならない、コンクリ舗装の道路も濡れない(たちまち蒸発してしまう程度)のことが多い、でも、町で降りそう、降った、小止みになったと帰ってくるとだんだん小ぶりになり、道も乾いていたりする、何故?

 チェンライみたいな大きさの町でもドーナツ現象?
 盆地の外れ?
 単なる雷さんの気まぐれ、
 Tが悪い?
 他にもあるかなあ?

 とは言え少しずつでも雨が降り始めたのは、いいことだ。
潅水直後に雨が降り始めたりするのは少しかなわないが、フルだろうと思っておいていたら、カンカンデリになるのもかなわないが、、、

 バンコク辺りから北に750キロ道のりなら、900キロ弱かな?其のブン涼しいといえるのだが、これからの時期雨が降らないと海から遠いぶんだけ?内陸性?と言うのかな気温が上る時も有る。

もう確り降って呉れよう、、、、、
そろそろ農耕祭だろう?
早生の籾まきが始まるだろう!! 

(下書溜まりより)
(今年は既に田植えが始まり、いや、既に最盛期?といいたいくらいの状態になっている。何故早い?午後道を走るのが怖い、其の日の作業が終わると酒を飲んでいるから、そこに混ざるのが好きだから、、昔はよく言われた、道端で飲んでいる日本人のチビ禿爺(あたしの事)が居ると、、作業したところの隅で飲むからね、、)
スポンサーサイト



  1. 2009/05/13(水) 05:45:40|
  2. 爺の日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近のおうち

 最近のおうち    20090501   負け犬の遠吠え

 壁隣と、向かいの家が新築と改築をして入る。改築をして居る家を見て、あ天井?と思ってみた。
実質二階家の高床の家、他から、洪水で水につかって逃げてきた人たちだ。だから、高めの高床、、と言うほどのこともないが、天井のない家、家が一重の膜で作られているスレート木造の家。
天井が屋根、
外壁が内壁、
床板の下はお外。
まあ我が家と同じなのだが。
風の強い雨が降ると家の中でも雨に濡れる。
シロアリの羽化の時期窓を閉め切って居ても明かりをつければ、シロアリで一杯になるので早寝をする。そんな家だ。

 其れが、新築の家では既に数年前から、2重幕の家が多くなって来ている。単純に言うと家の中で見ると天井がある!!外で見ると屋根スレートの波が下から/内から見えない、
新築だけでなく其れが、既に経っている家の改築が始まったということだ。

 夜冷えにくいかな?少なくとも風通しは可也悪くなる。
今までの生活習慣で、床の隙間にごみは掃き落とすということはしていけ無くなるのだが??
施行技術は?悪いと天井裏がシロアリ他の虫の死骸のマットが広がることになる。それが濡れると、、、

 まあ、部屋にはシロアリ、マラリア蚊、デング熱蚊日本脳炎蚊、のような物が入ってきにくくなるだろう、勿論、大型のトッケイなんかも、家なんか猫が出入りするからね、日本と違うところは、窓の閉め忘れ、扉の閉め忘れ、人の出入りにくっ付いてというのではなしに、鍵を締め切った家を猫が出入りするのです。そのくらい、家のあちこちに隙間がある。屋根と壁の間の隙間は3~4インチの垂木を使っているので、其の分の隙間があるし破風なんかの付け方は屋根の傾斜は無視して鉛直方向を基準にするので、軒の破風の所で、隙間が出来る、其れを見て、ここに住んだ頃前面に天井を張ることを諦めたんです。勿論、もともとの壁板に穴が開いていたこともあり、貧乏そうな家の暮らしにすることにしたのです。私は。

 でもタイは日々進んで居ますなあ、後ろ向きに進むしかない爺と違って、、、、

(下書溜まりより)
  1. 2009/05/01(金) 05:43:25|
  2. 爺の遠吠え(負け犬の遠吠え)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0